秋田県のペット情報総合サイト

MENU

秋田県の犬猫の現状

~秋田県の犬猫の現状~

グラフ提供:秋田県 生活環境部 生活衛生課 食品安全・動物愛護班様

参考文献:wikipedia

①犬の登録頭数と狂犬病予防注射実施状況

令和元年度の狂犬病予防注射実施頭率は接種率は79%となっています。

狂犬病は、毎年世界中で約5万人の死者を出しているウイルス感染症です。一度発症すると100%死亡します。

発症後の治療法は存在しません。ですので日本では飼い犬の市町村への登録・毎年1回の狂犬病ワクチンの予防接種が義務付けられています。

②犬・猫に関する苦情件数の推移

令和元年度は545件で、平成26年度に比べ横ばいでした。

※苦情内容※鳴き声・放し飼いなど。放し飼いをすると人間を噛んでしまったり、思わぬ事故に巻き込まれる可能性があるのできちんとリードをつけて管理しましょう。鳴き声はインターフォンがなった時に吠えてしまったりするワンちゃんが多いようなのでインターフォンが鳴っても静かにできるようしつけを行いましょう。

 

③犬・猫の引取りの状況

犬と猫の引取り頭数は、令和元年度は、犬では25頭、猫では867頭で、平成20年度からの推移をみると、犬は減少し、猫は横ばい傾向にあります。

令和元年度に引取られた犬・猫のうち、生後91日未満の子犬と子猫が占める割合は、犬では0%ですが、猫では約69%と非常に高くなっております。

④犬の捕獲・抑留頭数と返還状況

平成26年~平成30年は40%をこえる状態でしたが、令和元年度では40%をきる数字になっています。

⑤犬・猫の譲渡の状況

譲渡の状況においては、年々増加傾向にあります。とくに子猫は令和元年は平成30年度にたいして大幅に増加しています。

ペティリビングでも里親募集のコーナーがあるため、ご覧になってくださいね。

⑥犬猫の殺処分件数の推移

犬と猫の令和元年度の殺処分頭数は、388頭(犬37頭、猫341頭)で、平成20年度に比べ約20%にまで減少しています。

いかがでしたでしょうか?

ペットに関する正しい知識、

いのちの大切さを感じ、

一頭でも殺処分する動物が減るよう

ペティリビングでは取り組んでいきます。